LAST-UPDATE : 2020/08/11

竹箒日記
New!5周年!(きのこ)(8/10)



2020/8/10 : 5周年!(きのこ)
 祝、『FGO』5周年!
 生放送、お楽しみいただけたでしょうか。
 ここまで来られたのも、制作スタッフ、運営スタッフ、
 そして応援してくれているユーザーの皆さんのおかげです。
 来年もまた素敵な周年イベントを迎えられるよう、
 気を引き締めてやっていこうと思います。
 
 それはそれとして、まずは水着イベントですよね。
 イベント情報が公開されましたが、今年の夏はサマーキャンプ!
 湖での水遊び。楽しいバーベキュー。そしてドキドキのコテージ生活。
 キャンプ場オープンまで、もうしばらくお待ちください。

 また、今回の夏イベもシナリオボリュームは最大級。
 ホラージャンル大好きなライターA氏をメインに、
 ライターチームからそれぞれのキャラ担当のライターがスポット参戦し、
 楽しく執筆させていただきました。

 自分の担当はキアラまわりとエミヤお兄さん。
 んで、担当キャラなのでここだけの話を一つ。
 夏イベの霊衣エミヤは見た目通り、
『守護者としての役割』から解放された、
『隣の家の頼れる大学生のお兄さん』くらいのフランクさです。
 はじめはクラス・アングラーの名に恥じないフィッシングスタイルでしたが、
 あまりにも魚紳さんだったのでラフな私服に変更になりもうした。
 自分はめっちゃ好きなデザインだったんですけど、
 釣り師スタイルはさすがに第一の犠牲者すぎるというか、
『この山に入っちゃなんねえ爺』ポジションすぎたので……


 ―――と。
 シナリオチームの話があがったのでちょっとだけ報告というか、説明を。
 2020年バレンタインイベントと清少納言担当のライターさんは
 ライターチームに加わった新しいスタッフではあるけど、
 TYPE-MOON内にいた歴史は奈須きのこと同じ年数のある人です。
 本人、ライティングから手を引いていたのですが、
「そろそろどうだい?」と甘い罠をかけてチームに加わってもらいました!

 一方、CBCのアイアイエー島は、誤解されがちですが
 アトランティス担当のライターさんです。
 アトランティスでは『FGOにおける汎人類史オデュッセウスはどんな英霊なのか』が
 語られなかったので、そのアフターとして担当していただきました。
 なので、アイアイエーまで含めてアトランティス編という案配なのです。


   ◆

 そして五周年もめでたいけどこっちもね。
『劇場版Fate/stay night Heaven's Feel』その完結編、
『Ⅲ.spring song』、いよいよ今週末公開となります。
 思い起こせば三月の試写会。
「すごいものを見た。これがあと数日でみんなに届けられるのか」と興奮した夜。
 あの続きが、あともう少しで皆さんに届けられます。

 原作ゲームをプレイ済みのユーザーさんであれば、
 気になる『あのシーン』も『このシーン』も、
 期待以上の表現力で頭を揺さぶられるしょう。

 原作ゲームを未プレイのユーザーさんであれば、
 ひとつの物語の結末を重く、辛く、容赦なく、
 けれど目が覚めるような美しさで見る事になるでしょう。

 90年代伝奇の一つの到達点がここにあります。
 十分なコロナ対策を忘れず、劇場で見ていただければ幸いです。



   ◆

 あとアイドル・メイカーの最後のフォウ君の台詞ですが、
 特別意訳すると
『おまえ……その先はもう殺し合いしかないよ……』
 です。




過去の日記へ /
トップページへ

Copyright (C) Takashi Takeuchi & Kinoko Nasu All Rights Reserved.