竹箒日記 : 2021/06


2021/6/13 : はちみつとおべろん(きのこ)

『FGO』第二2部6章(前半)、配信開始しました。

生放送を見ていた方は既に知っている事ですが、
今回は前後編で、後編は一ヶ月後の7月14日解禁となります。

『きのこは勘違いしているようだけど、一般的に、
 平日の一日で読める文章量は40~50kbくらいなんだわ』
『仕事や学校から帰ってきた後、のんびり遊ぶなら
 一週間で文庫一冊くらいがちょうどいいんだわ』
「なるほど。さすがハベにゃん、含蓄あるぅ~」

といったアドバイスを受け、色々思い悩んだ結果、
どなた様にも優しい今回の仕様になりました。

今回は先に進めば進むほど情報量が多くなっていくので、
一節ごとに一息いれ、ゆっくりお楽しみください。

また、今回はゲーム中にチェックできるオプション機能、
『走査メモ』が用意されています。
ある程度節が進んだらマップ画面の左上にアイコンが
でますので、見ると視覚的に妖精國の歴史が分かります。
これはゲーム中、新しい情報を手に入れるごとに少しずつ
更新されていくので、節ごとにチェックするとよいでしょう。

『知らない世界の年表を埋めていく』のは、ちょっと楽しいかもだ。


   ◆

―――さて。じゃあ本題に入ろうか。

オベロンである。羽海野チカ先生である。
『ハチミツとクローバー』『3月のライオン』はみんな知っているね?
知っている方は今更説明の必要はないだろう。
幸運にもまだ出会っていなかったのなら悪い事は言わない、いますぐ本屋さんに走るンだ。
どっちからでもいい。でもできれば『ハチミツとクローバー』から読んでほしい。
羽海野チカの漫画には(オタク)人生の悲喜こもごも、すべてがつまっている。ひたすら楽しく、愛らしく、羨ましく、切なく、辛く、悲しく、そして眩しい。


思い起こせば3年前の『FGO』生放送(サプライズバースデー)のあと。
サングラス&レザージャケットの怖いひと(妖精國にいそうだね!)と
はじめて生でお話しした時のことです。

「え、このこわいひと、めっちゃ優しい……気配りの達人……
 それに……目が……とてもキレイ……(トゥンク……)見えないけど……。
 めっちゃゲーム好き……クロノトリガーの話がガチで出来る……マジかよ……」

気がつくと2時間近く話し込んでいて、終電間際なので解散、となったのですが、
その時、『ハチクロ』の話をしたのです。
奈須にとって『ハチクロ』はとても大きな存在で、
単純に『面白い作品』というカテゴリーではなく、
創作において辛いときに踏ん張れる精神的支柱の一つでもあった、と。
(はぐちゃんがひとりで物作りしている時のエピソードはどれも胸に詰まる……)

マ「そういう事なら会ってみますか? お話、通せるかもしれません」

なにがそういう事なんだ村正ァ!
と、今ならつっこみかねないほど、自然な踏み込みからの斬撃でした。
その後、あれよあれよと縁に恵まれて、羽海野チカ先生とお会いできたのです。

もうめっちゃ話した。
20年分の思いの丈を早口でぶつけた。
「CUTiEcomicからのファンです。我、月姫っていうゲームを作っていたんですけど、そのファンディスクを作っていた時にスタッフのOKSGってヤツが「たぶん、この漫画奈須さん大好物です」って紹介してくれて、一目(一巻)で恋に落ちました。そのまま本屋を回って雑誌のバックナンバーそろえて2巻を楽しみにしていたら掲載誌休刊になって……なんだよもぉーーー! と嘆いていたらヤングユーで連載が再開してあまりの嬉しさにOKSGと武内と奈須、三人で乾杯、世界の美しさについて語り合ったのです。人類は捨てたものではない、と。山田美しい。自分は文字屋なので台詞回し、モノローグに意識を割くのですが、チカ先生のモノローグはほんと……鋭くて……切なくて……でもこんな切実で、傷だらけで、美しいモノを書いていたら作者の心が壊れそうで心配です、『3月のライオン』になってから言葉のナイフが言葉の日本刀にパワーアップしていているから本当にお体、お大事にしてください……でも続き読みたいです、零くん早くもっともっとも幸せにならないかな!(中略)いつかお仕事、何か一緒にできたら……アタイ死んでもいい……」
「いいですよ~(柔らかな笑顔)。でもスケジュール調整がいまとても難しいので、ご迷惑おかけするかもです」

そんなん迷惑でもなんでもないぞ村正ァ!
おりしも『FGO』2部が開始する直前の頃の話である。
奈須の担当は6章と決まっていたので、もう頭の中は
『オベロン、オベロンだ。オベロンを頼むんだ。
 羽海野チカに童話世界の住人を描いてもらうんだ。
 こんな幸せな事があるか? ない。
 こんなチャンスが俺の人生にあるというのか? あったらしい。
 うぉぉぉぉオベローーーーーン!』
しかありませんでした。
羽海野先生は
「6章は妖精の世界なんですか? 可愛い女の子描きたいな☆」
とキャッキャッウフフしてくれていたのですが、
「男性キャラクター……です……
 これこれこういう……羽海野キャラの……あの剥き出しの表情が……ほしい」
と、いたいけな少女の夢を3秒で破壊してしまいました。ごめんなさい。


かくして、オベロン登場の話は決まったのです。
オベロンのオファーが通った瞬間、自分の中でオベロンの表現方法は決まりました。

『普通のサーヴァントとは違う存在感。
 6章のテーマを体現してくれる、童話世界の案内役』

そのコンセプトを徹底するため、羽海野先生にはこんなお願いしもしました。
「FGOの空気感に合わせる必要はありません。ブリテンには、ありのままの羽海野チカの絵がほしいのです」と。
そんな奈須の身勝手な要望に、羽海野先生は剛速球で返してくれました。
本当に本当に忙しい中、根気よくスケジュールを調整をし、
お力を貸してくれた羽海野先生に改めて感謝を。
ありがとうございました。


   ◆

同人版月姫を制作していた頃、心の励みになってくれた作品。
その作者さんとお仕事ができて、かつ、
その公開時期が月姫R発売と同年という事に、
“人生ってほんとよくできてるなー”と思う奈須ですが。

実は6章には他にもうおひとり、同人版月姫制作時からの憧れ……
というか、奈須が同人誌を作るきっかけになったクリエイターさんが
参加してくださっています。
「これが同人誌!? 太い、可愛い、格好いい……!
 こんな凄い本を個人で出す人がいるんだ……!」
これも今は一昔、2000年の頃のお話です。
6章後半が公開された時、その話は、また改めて。





次月の日記 / 日記トップへ / 前月の日記

Copyright (C) Takashi Takeuchi & Kinoko Nasu All Rights Reserved.